2010年01月09日

金融電卓HP12CのRPN(リバースポーランドノーテーション)方式による四則演算 (その2)


金融電卓HP12CのRPN(リバースポーランドノーテーション) 方式での四則演算のやり方をもう少しご説明します。

RPN方式の一番の長所、メリットは何かというと足し算と掛け算が合わさったよ うな計算や括弧付きの計算をやるときに括弧を使わずに計算できるという点です。

例えば

2 + 2 x 3 = は

普通の計算機では計算できませんが、

HP12CのRPN方式の場合

2 ENTER 2 ENTER 3 x +

2 x ( 2 + 3 ) = は

2 ENTER 2 ENTER 3 + x

という具合に入力すれば計算できます。

関数電卓で括弧を使えば計算できますが、 RPNの場合は括弧を使うよりも少ないキー操作で計算できるのが良い点です。

ちょっとなれるまでは苦労しますが、 ゲーム感覚で遊んでいるとすぐに覚えられますよ。

この使いこなす喜びみたいな感覚が 他の電卓では味わえないHP12Cの良い点だと思います。


金融電卓HP12C

posted by ひゅーぱー at 00:16| Comment(1) | 金融電卓HP12Cの四則演算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。