2010年02月14日

投資利回りを計算する方法(現在価値と将来価値から利回りを算出)

金融電卓HP12C は投資の利回りの計算にも使用することができます。

投資利回りってなに?

という方にご説明しますと投資利回りとは株とか国債へ投資した場合、
銀行の普通預金でいう利率に相当する指標になります。

では株へ投資した場合で考えてみましょう。

値上がり無しの場合

株への投資の場合でも、
値上がり無しで考えると銀行の利子と同じで単純です。

1000円/1株で購入した株で

配当金が10円/1株・年であれば、

投資利回りは

10/1000=1%

となります。

値上がりした場合

次に値上がりがあった場合を考えてみます。

1000円/1株で購入した株で

配当金が10円/1株・年で

5年後に1200円になった場合、

この株への投資と5%の利率の定期預金とどっちがお得か?

これらは単純には比較できないので 金融電卓HP12Cの出番となります。

それでは 金融電卓HP12Cで 投資利回りの計算してみることにします。

投資の場合も住宅ローンの計算と同じような操作で計算が可能です。

主に使用するボタンは以下のとおりで、
現在価値[PV]と将来価値[FV]から利回り[i]を求める計算になります。

[n]:受取回数
[i]:利率(interest)
[PV]:現在価値(Present Value)
[PMT]:受取額(PayMenT)
[FV]:将来価値(Future Value)
[CHS]:符号変更(CHangeSign)

この場合、

受け取り回数[n]は5年
現在価値[PV]は投資額の1000円
受取額[PMT]は配当金の10円/年
将来価値[FV]は5年後の市場価格の1200円

なので、HP12cの操作としては以下のように入力を行います。

5[n] (投資期間5年を入力)
1000[CHS][PV] (投資金額を入力、出金なのでCHSでマイナスとする)
10[PMT] (配当金の受取金額)
1200[FV] (5年後の市場価格)
[i] (投資利回りを計算)

この結果、

4.65

と表示されるので、この投資の利回りは

4.65%

だということがわかりました。

もし5%の定期預金があるとすれば
定期預金に預けたほうがお得だということがわかります。

このように、金融電卓HP12Cでは
簡単に投資利回りの計算を行うことができます。


金融電卓HP12C
posted by ひゅーぱー at 21:11| Comment(6) | 投資利回りの計算方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

ウォーレン・バフェットと金融電卓(Texas Instruments BA35 Solar)

金融電卓HP12C は投資の利回りの計算等にも使用することができます。

私の愛読書「麗しのバフェット銘柄」にも金融電卓が登場します。

ウォーレン・バフェットって誰?

という人に簡単に説明するなら . . .

ウォーレン・バフェットはアメリカでビルゲイツに次ぐ資産家で、 新聞配達で稼いだ1千万円を株式投資で3兆円に増やした人です。

3兆円と言われてもピンときませんが . . .

簡単にいうと1億円の30,000倍です。

それでもまだピンときませんが . . .

この本はそんな偉大な投資家ウォーレン・バフェットの 投資哲学について書かれた本です。

この本の中ではたびたび 金融電卓での投資利回りの具体的な計算方法が紹介されております。

この本で登場するのはテキサス・インスツルメンツBA35ソーラーという 金融電卓 ですが、既に製造中止となっているようです。

ということで、次回からもHP12C金融電卓 を使った投資利回りの計算方法を紹介したいと思います。

金融電卓HP12C
posted by ひゅーぱー at 03:44| Comment(0) | 投資利回りの計算方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

住宅ローンの金利計算をする方法(金利、借入れ金額、月々の返済金額から返済期間/回数を計算)

さて次は借入れ金額、月々の返済金額から 金融電卓HP12C を使って住宅ローン払い終わる期間(回数)を計算してみましょう。

これまでやってきたのと同じように決まった条件を入力して 最後に算出したいボタンを押すと計算結果が得られます。

今回は[i][PV][PMT]から[n]を求めるわけですから [i][PV][PMT]に値を入れてやって最後に[n]を押せば計算が可能です。

では、やってみましょう。

金利:5%
借入れ金額:2000万円
月々の支払可能額:10万円

この場合のHP12Cへのキー入力方法は以下のとおりです。

5[g][i] (年利5%を月利に変換して入力)
2000[PV] (借入れ金額を入力)
10[CHS][PMT] (月々の支払額を入力、支払いなので[CHS]でマイナス符号をつける)

最後に[n]を押せば . . .

計算結果:431

と表示されます。

返済回数431回ということです。

月利で入力していますので[n]は月数で表示されます。

年数を求めたいときは12で割ればでます。 もちろん計算はRPN方式(逆ポーランド記法)で入力します。

RPN方式 . . . 覚えていますか?

答えは

[12][÷]

です。

簡単ですね?

計算結果は

35.92

と表示されます。

これにより、

この条件の場合は36年弱で返済できるということが分かりました。

このように金融電卓HP12Cでは簡単なキー操作で住宅ローンの計算ができます。 >
金融電卓HP12C
posted by ひゅーぱー at 01:32| Comment(0) | 住宅ローンの計算方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。